生体エネルギー”気”の流れるルートを経絡、
そして反応が出るところをツボ(経穴)と呼びます。
鍼治療はツボに”ハリ”を用い、気のバランスを調整することで
生命力や自然治癒力を高め、
「未病を治す」ことを目的とした施術です。

 

灸治療とは、ヨモギの葉の裏にある
毛茸(もうじょう)を集めた(もぐさ)を手で形作り、
それを線香で年少させて治療する技術のこと。
その効果は、温熱刺激により体を温め血行や免疫機能に変化をもたらし、
体の機能を回復させるものです。

 

指や手の平などを使い、
おす・もむ・さする・たたくなどの刺激を与え、
体のこりをほぐして血行を良くする治療法。
技術は各々異なりますが、資格としては
”あん摩マッサージ指圧師免許”という共通の免許を取得できます。

 

本科(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧)について