ニュース
Home > 国際鍼灸専門学校 > 記事:"在校生インタビュー【2】"

在校生インタビュー【2】

 国家試験まであと4か月となりました。
 今回は、国家試験に向けて頑張っている、3年生へのインタビューです。


★ご協力いただいた3年生 白井 靖之さん(千葉県出身)


今の時期の過ごし方
 アルバイトに行くまでの時間を有効に使うため、1年生の頃から、毎日学校に残って勉強していますが、3年生になっても特別変えることなく続けています。 また、暗記科目の勉強は、電車の移動時間を利用して覚えるようにしています。
 2学期に入り、卒業試験・国家試験をクラス全体として意識し始めていて、放課後に残って勉強する人が増えてきています。各試験に向けていい雰囲気になってきていると思います。

国家試験対策について
 国家試験の過去問題は、夏休み頃から解き始め、問題の傾向等を把握し、苦手な所に力を入れて勉強しています。
 とくに苦手な東洋医学の分野は、覚えにくい所をくり返し勉強するようにし、逆に得意な分野に関しては、数週間おきに見直すといった方法で勉強をすすめています。

今後の抱負について
 卒業後は治療院への就職が決まっており、その治療院には地域の方々やスポーツ選手など様々な患者さんがいらっしゃいます。
 その中で、自分は分野にこだわらず、困っている方々・苦しんでいる方々の手助けとなれるよう、卒業後もしっかりと勉強を続けていきたいです。
 そして、将来は地元で開業し、さまざまな患者さんを手助けしていけるようになりたいと思っています。