ニュース
Home > 国際鍼灸専門学校

球技大会が行われました。

平成30年5月17日、球技大会が葛飾区総合スポーツセンター体育館で行われました。
クラス対抗で8人制のバレーボールが実施され、2年2組が優勝しました。

5月2日は、休校となります。

平成30年5月2日(水)は、休校となります。
事務室も休業致しますので、5月2日(水)の資料請求・お問い合わせ等への対応は、5月6日(日)以降となります。
ご了承ください。

在校生インタビュー【1】

本校の附属治療所では、臨床実習が行われています。
今回は、初めての臨床実習を終えた在校生に、その感想を聞かせていただきました。


★ご協力いただいた在校生(鈴木 健太さん)


「事前のオリエンテーションから臨床実習当日まで」
 オリエンテーションでは、初めに校長先生から、実習にあたって大切な姿勢についてお話がありました。
 その後、挨拶、マナー、レポート提出など注意点の確認をし、治療所の見学をしました。
 実習では、受け身で聞いているだけで終わらないため、事前のレポートテーマである腰痛について、いつも以上に細かく調べ準備しました。

「初めての臨床実習当日」
 実習は、基本1班4人。2人ペアで行動していきます。
 当日は緊張感もあり、日頃時間にルーズなクラスメートも、この時ばかりは機敏に動いていて、新しい一面を見ることができました。
 開始前には、先生の指導のもと患者さんのカルテを確認し、その後医療面接、実際の治療、どうしてその治療をしたかなどを学んでいきました。
 また、ベッドメイクや医療廃棄物の処理など、実際の治療院で働く時にも役立つことを教わりました。

「臨床実習の感想と今後の抱負」
 先生方は、国家試験に合格され、教員養成科も修了され、臨床経験も積まれた最良の教科書とも言えます。
 実習の良さは、何と言っても、そのような先生方の知恵を学べることだと思います。
 また、患者さんの中には、遠くからお越しになる方もいて、治療所に対する信頼を感じました。
 実習では、座骨神経痛や五十肩など、多くの方が悩まれている疾患を中心に扱っているため、これからしっかり勉強して、安心して任せてもらえるような治療家になろうと思います。

校長が厚生労働大臣を表敬訪問しました。

9月21日(木)の午後、厚生労働大臣室を近藤雅雄校長(平成29年6月1日就任)が訪れ、加藤勝信厚生労働大臣と厚生行政等について懇談しました。加藤大臣は「働き方改革担当、拉致問題担当大臣」をも兼任しています。加藤大臣と懇談の後、衆議院第二議員会館の厚生労働大臣秘書官を訪問し、日本の厚生労働行政等について広く懇談しました。

国試対策補講が行われています。

平成30年1月11日より2月10日まで、3年生対象で国試対策補講が実施されます。
今年度の国家試験は、あん摩マッサージ指圧師が2月24日、はり師・きゅう師が2月25日です。

3学期スタート!

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


本日、1月9日より、3学期が始まりました。
気分も新たに頑張りましょう!

事務室冬休みのお知らせ。

当校事務室は、平成29年12月28日より平成30年1月8日まで冬季休業いたします。
休業期間中の資料請求及びお問い合わせ等への対応は、1月9日以降となりますのでご了承ください。

美顔鍼の特別授業が行われました。

平成29年12月12日、3年生を対象に、講師 土門奏先生による『美顔鍼』の特別授業が行われました。



『解剖生理学・顔学からのアプローチによる美顔はり』
■しわ・たるみとは何か
‐解剖生理学的・顔学的な顔老化の原因‐


◇講師 土門 奏(どもん かなで)先生◇
国際鍼灸専門学校卒業後、筑波大学理療科教員養成施設にて盲学校教諭1種免許(理療)を取得。現職は土門治療院 院長。主な著書は『美顔鍼-美顔率と解剖機能からのアプローチ-(医道の日本社)』など。

在校生インタビュー【3】

 国家試験まであと4か月となりました。
 今回は、国家試験に向けて頑張っている、3年生へのインタビューです。


★ご協力いただいた3年生 千葉 小百合さん(千葉県出身)


今の時期の過ごし方
 1、2年の時は、週5回アルバイトをしていましたが、3年に進級し、期末テストに加え、実力テスト、総合臨床実習のレポートと忙しくなり、夏休み以降は週2、3回に数を減らしました。
 周りの雰囲気も卒業試験や国家試験に向け、皆勉強にはげんでいます。

国家試験対策について
 国家試験の過去問題は3年生になってから少しずつ解いていました。
 私は、一度では覚えられないので、解いた時にそこにメモをするようにして、後々別の問題を解いている時に「似たような問題があったな」と思い返す度に見るようにしています。
 モチベーションを上げられない時は、自分にご褒美を考えて「ここまで勉強したらこれをしていい」と自分ルールを作っています。

今後の抱負について
 卒業後は、女性を対象に治療を行っていきたいと考えています。
 特に不妊治療に関心を持っていて、子供が欲しいという方に、鍼灸やマッサージで手助けができれば、それはとてもやりがいのある事だと思っています。
 今はその為にも、目の前の卒業試験、国家試験を目標に一つ一つ勉強をしていきたいです。

教員を目指す他校学生の、本校授業見学が行われました。

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師養成学校の教員を目指す他校学生18名の、本校授業見学が実施されました。
1年生(按摩実技、生物学)と2年生(臨床医学各論、鍼実技)の授業や、附属治療所の見学が行われました。