ニュース
Home > 国際鍼灸専門学校

在校生インタビュー【3】

 国家試験まであと4か月となりました。
 今回は、国家試験に向けて頑張っている、3年生へのインタビューです。


★ご協力いただいた3年生 千葉 小百合さん(千葉県出身)


今の時期の過ごし方
 1、2年の時は、週5回アルバイトをしていましたが、3年に進級し、期末テストに加え、実力テスト、総合臨床実習のレポートと忙しくなり、夏休み以降は週2、3回に数を減らしました。
 周りの雰囲気も卒業試験や国家試験に向け、皆勉強にはげんでいます。

国家試験対策について
 国家試験の過去問題は3年生になってから少しずつ解いていました。
 私は、一度では覚えられないので、解いた時にそこにメモをするようにして、後々別の問題を解いている時に「似たような問題があったな」と思い返す度に見るようにしています。
 モチベーションを上げられない時は、自分にご褒美を考えて「ここまで勉強したらこれをしていい」と自分ルールを作っています。

今後の抱負について
 卒業後は、女性を対象に治療を行っていきたいと考えています。
 特に不妊治療に関心を持っていて、子供が欲しいという方に、鍼灸やマッサージで手助けができれば、それはとてもやりがいのある事だと思っています。
 今はその為にも、目の前の卒業試験、国家試験を目標に一つ一つ勉強をしていきたいです。

校長が厚生労働大臣を表敬訪問しました。

9月21日(木)の午後、厚生労働大臣室を近藤雅雄校長(平成29年6月1日就任)が訪れ、加藤勝信厚生労働大臣と厚生行政等について懇談しました。加藤大臣は「働き方改革担当、拉致問題担当大臣」をも兼任しています。加藤大臣と懇談の後、衆議院第二議員会館の厚生労働大臣秘書官を訪問し、日本の厚生労働行政等について広く懇談しました。

教員を目指す他校学生の、本校授業見学が行われました。

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師養成学校の教員を目指す他校学生18名の、本校授業見学が実施されました。
1年生(按摩実技、生物学)と2年生(臨床医学各論、鍼実技)の授業や、附属治療所の見学が行われました。

東京消防庁 救急部長感謝状が授与されました。

救急の日(9月9日)にあたり、東京消防庁救急部長より、日頃の救急業務への取り組みについての感謝状が贈呈されました。
東京消防庁本田消防署長の守屋正巳様が来校され、『救急部長感謝状』をいただきました。
この度の表彰を励みに、引き続き救急医療の取り組みに注力してまいります。

★写真(左から)近藤校長、守屋署長[本田消防署]
 

2学期スタート!

本日9月1日より、2学期がはじまりました。
気分も新たに頑張りましょう!

★専門実践教育訓練給付対象講座の指定について

平成29年10月より本校本科は、厚生労働省より
「専門実践教育訓練給付対象講座」に指定されます。
この制度は、社会人を対象としたキャリアアップを支援する制度です。
ご自身が対象であれば、最大144万円が給付されます。
入学前に必ずハローワークにて手続き等が必要ですので、
下記のURLをご参照ください。
ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。

厚生労働省:
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

ハローワーク:
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html

事務室夏季休みのお知らせ。

当校事務室は、平成29年8月8日より平成29年8月20日まで夏季休業いたします。
休業期間中の資料請求及びお問い合わせ等への対応は、8月21日以降となりますのでご了承ください。

美顔鍼の特別授業が行われました。

平成29年7月27日、3年生を対象に、講師 土門奏先生による『美顔鍼』の特別授業が行われました。



『解剖生理学・顔学からのアプローチによる美顔はり』
■しわ・たるみとは何か
‐解剖生理学的・顔学的な顔老化の原因‐


◇講師 土門 奏(どもん かなで)先生◇
国際鍼灸専門学校卒業後、筑波大学理療科教員養成施設にて盲学校教諭1種免許(理療)を取得。現職は土門治療院 院長。主な著書は『美顔鍼-美顔率と解剖機能からのアプローチ-(医道の日本社)』など。

1学期試験が始まりました。

平成29年7月21日より1学期試験が始まりました。
試験は7月25日まで4日間行われます。
生徒の皆さん、頑張ってください。

在校生インタビュー【2】

新入生が入学して、約2か月がたちました。
今回は、学校生活の感想や今後の抱負について、新入生にお話をうかがいました。


★ご協力いただいた新入生(上:左から本橋さん、井口さん、下:左から久保田さん、高野さん)


「学校、クラスの雰囲気について」
★久保田さん
 先生方や事務員の方が、生徒ひとりひとりの名前を覚えて声をかけて下さる、とても温かい雰囲気の学校です。
 クラスメイトの年代や経歴は様々ですが、仲が良く、楽しい学校生活を送っています。
★本橋さん
 学校周辺の環境は静かで、落ち着いて勉強ができる所です。
 クラスの雰囲気は、10代から50代まで年齢層の幅が広く通っていて和気藹々としています。
 また、勉強でわからない点を教えあうような、アットホームな雰囲気です。

「授業、勉強について」
★高野さん
 医療の知識が全くないなか入学をしたので、基礎的なことも分からず不安を感じる日々でしたが、先生方が復習から授業を進めてくださったり、プリントやミニテストを実施してくださるので改めて自分の苦手なところを知ることができ感謝しています。
 また、クラスの友達に教えてもらったりして、授業に取り組んでいます。
★井口さん
 授業の1つ1つが理解しやすく、分からない所があればその場で説明もしてくれる為、勉強する内容は多くても意欲を持ち勉強に望めます。
 小テスト等を行ってもらえるので、勉強の習慣が身に付いていくのが分かります。

「球技大会について」
★久保田さん
 想像していた以上に盛り上がり、スポーツを通じてクラスメイトとの距離が縮まりました。これから3年間、共に頑張る仲間たちとの結束が強まり、とても有意義な行事でした。
★高野さん
 球技大会を通して、学校では見れない皆の一面を見ることができました。
 大会前には練習もしたりと、とても楽しく、クラスのみんなとの距離も縮んだと思います。
 また、係もさせてもらい、先輩方とお話しする機会も増えました。

「今後の抱負」
★久保田さん
 入学して2か月がたち、生活リズムや勉強の仕方を掴むことが出来ました。
 勉強は楽ではありませんが、日々コツコツ積み重ねることを続けていきたいです。
 卒業後に、鍼灸あん摩マッサージ指圧師として活躍できるよう、この3年間でしっかり土台を堅めたいです。
★高野さん
 日々新しいことの連続で覚えることも多く大変ですが、いろいろなことを知る重要な経験だと思います。
 今後は、今を大切に過ごしていきたいと思います。
★本橋さん
 人生の中で学生という期間は貴重で将来への糧になるものだと考えます。
 専門学校での3年間を大切に使って学びたいと思っています。
★井口さん
 整骨院で勤務しながらなので、勉強と両立するのが大変ですが、勉強を疎かにせずに、クラス一丸となり、国家試験合格100%を目標に助け合って学校生活を送っていきたいと思います。