ニュース
Home > 国際鍼灸専門学校

特別入試を実施いたします。【入試日:3月10日(日)】

平成31年度特別入試を実施いたします。
募集要項にそって、手続きを行ってください。
願書および募集要項をご希望の方は、資料請求フォームより当校の資料をご請求ください。
お待ちしております。

【特別入試願書受付期間】
平成31年2月12日(火)より平成31年3月7日(木)まで

【特別入試試験日】
平成31年3月10日(日)

スポーツマッサージの特別授業が行われました。

『スポーツマッサージ』
足関節および膝関節の外傷・障害予防に対するアプローチ
平成31年1月26日、2月7日 2年生を対象に、
講師 泉 重樹先生による『スポーツマッサージ』の特別授業が行われました。

◇泉 重樹先生(平成9年度卒)
法政大学 スポーツ健康学部/スポーツ健康学研究科 教授



第6回学校説明会が開催されました。

平成31年1月26日(土)に、本年度6回目の学校説明会を開催いたしました。
多数のご参加、ありがとうございました。

現在、第7回学校説明会(2月24日)の参加者を募集中です。
本年度最終回です!
是非、ご参加ください。

NHK『ためしてガッテン!』に非常勤講師の粕谷大智先生が出演します。

※1月23日(水)にNHKで放送予定のためしてガッテン!は、テニスの4大大会・全豪オープンの試合中継が入り、2月20日(日)に延期となりました。

本校の非常勤講師の粕谷大智先生が、
1月23日(水)、2月13日(水)19:30から20:15
NHK放映予定の「ためしてガッテン!」に出演されます。

1/23のテーマは「鍼灸」で、2/13のテーマは「肩こり改善SP」です。
鍼灸が身体にやさしい治療であること、現代医学的治療に限界がある、または薬物等の副作用で薬に頼りたくないなどの場合に治療選択肢の一つとなることの紹介で、それこそ悩める患者さんが求めるもので鍼灸の利用価値を示す大切なキーワードです。
是非、ご覧ください。


校長年頭挨拶「新しい時代に向けた教育改革ースキルの高い”あはき師“の育成を目指して」

明けましておめでとうございます。
国際鍼灸専門学校は昭和32年に創立されて以来、教育の基本方針である「鍼灸、あん摩マッサージ指圧師の使命」を遵守しております。昨年は様々な自己点検・評価を実施すると同時に筑波大学理療科教員養成施設との連携・協力に関する協定書の締結を行いました。この協定を通して更なる東洋医学教育及び研究の質向上を目指したいと思います。

今年は平成の時代から新しい時代へと変わります。そこで、現在、未来を見据えた臨床技術重視の育成に必要な教育環境の整備・改革を重点項目の一つとして挙げ、4月から立石校舎の建替工事が始まります。来年には新築の校舎が誕生します。また、創立70周年に向け、近未来構想「Vision 2027」として「教育の質保証」「キャンパス教育環境向上」「ブランド力向上」「学校運営向上」の4つのプロジェクトによる改革など、前向きな「教育改革」を実施しています。

 このように、本校では建学の精神である「東西医学の統合」を根本原理とし、実践的な「知識・技術・態度」を有する“あはき師”の育成に向け、一人ひとりの自主性を大切にし、社会に即戦力として貢献できるスキルの高い治療師の育成に向けた様々な改革を行っています。本年もたくさんの学生が国家試験に合格し、社会で活躍されることを楽しみにしています。
新しい年が素晴らしいものとなるよう祈念し、年頭の挨拶といたします。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


本日、1月8日より、3学期が始まりました。
気分も新たに頑張りましょう!

入試願書受付中! 社会人(第6回)・推薦(第4回)・一般(第3回)

平成31年度社会人入試(第6回)・推薦入試(第4回)・一般入試(第3回)の願書受付を行っております。
募集要項にそって、手続きを行ってください。
お待ちしております。

【願書受付期間】
平成30年12月17日(月)より平成31年2月7日(木)まで

【試験日】
平成31年2月10日(日)

※詳しい入試情報は、募集要項ページをご確認ください。

事務室冬季休みのお知らせ。

当校事務室は、平成30年12月28日より平成31年1月6日まで冬季休業いたします。
休業期間中の資料請求及びお問い合わせ等への対応は、1月7日以降となりますのでご了承ください。

筑波技術大学保健科学部附属東西医学統合医療センターの見学実習が行われました。

平成30年12月11日から13日までの3日間、筑波技術大学保健科学部附属の東西医学統合医療センター(東洋医学(漢方・鍼灸・マッサージ)と西洋医学の治療を効果的に統合して提供することのできる国立の施設)に1年生が臨床実習に参加しました。
学生からは、
「実際の臨床を詳しく説明していただき、今学習している勉強の重要性、必要性を強く感じた。」
「先生方や研修生の方も些細な質問にも丁寧に答えてくださり大変勉強になった。」
「様々な診療、治療がスムーズに連携しているのに驚き、素晴らしいと思った。」
その他、施設内の見学や医師による講義もあり、鍼灸・あん摩マッサージ指圧の可能性に全員目を輝かせて学びました。
見学に協力していただいた筑波技術大学の諸先生方、誠にありがとうございました。

日本学生支援機構の奨学生であった皆様へ

奨学生であった、平成30年3月本校卒業生の皆様へ、
日本学生支援機構より、お知らせです。

◇◆◇日本学生支援機構の奨学生であった皆様へ◇◆◇

在学中に日本学生支援機構の奨学生であった皆様は、10月から奨学金の返還を開始されていることと存じます。

 あなたの返還金は、口座から、きちんと引き落とされていますか。
あるいは、口座振替の手続きを行っていないため日本学生支援機構から請求書を受け取って、まだ支払いが済んでいないようなことはありませんか。
もう一度、ご確認ください。

万一、返還が困難な場合は、返還期限猶予制度や減額返還制度などの仕組みがありますので、今すぐ《日本学生支援機構の相談窓口》に電話してください。ご相談の際には、奨学生番号をお忘れなく。

尚、すでに返還していたり、在学届の提出や返還期限猶予などの手続きを済まされている方は、特に手続等は必要ありません。

平成29年度から各学校の貸与及び返還に関する情報が、日本学生支援機構のホームページ上で公開されています。また、奨学生であった皆様の奨学金の返還金は、次の奨学金の原資となります。本学としても、後輩学生たちのため、皆様に格別の留意をお願いする次第です。

《日本学生支援機構相談窓口》 電話0570-666-301
(海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話 専用ダイヤル03-6743-6100)
 詳しいことを知りたいときは、
 http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/