ニュース
Home > 国際鍼灸専門学校 > 記事:"在校生インタビュー【3】"

在校生インタビュー【3】

国家試験まであと4か月となりました。
今回は、国家試験に向けて頑張っている、3年生へのインタビューです。

★ご協力いただいた3年生 渡邉 博亮さん(東京都出身)


今の時期の過ごし方について
3年生になってからは仕事を週2,3日程度にして、期末試験や国家試験に向けて準備をしています。クラスでは、お互いに教え合ったり励まし合ったりしながら、クラス全員で国家試験に合格できるように頑張っています。
ずっと勉強ばかりだと辛くなるので、たまには気分転換で遊びに出かけたりもしています。

国家試験対策について
国家試験の過去問題は1年生の頃から少しずつ解いていました。授業で配られたプリントなどの要点は全て教科書にまとめるようにしています。不器用で複数の参考書を使って勉強することが苦手なので、教科書を参考書のように書き込み使っています。

今後の抱負について
3年間の学校生活も残りわずかなので、勉強以外の仲間との交流も大事にしていきたいです。卒業後は臨床力を高め、患者さんに向き合っていきたいです。鍼灸発展のため、学校教育の現場にも携わりたいと考えています。