ニュース
Home > 国際鍼灸専門学校 > 記事:"平成29年度より『美顔鍼』の特別授業を開講します。"

平成29年度より『美顔鍼』の特別授業を開講します。

『解剖生理学・顔学からのアプローチによる美顔はり』
講師:土門 奏 先生

しわ・たるみは何故できるのでしょう。しわ・たるみさえなくなれば顔は若返るのでしょうか。
顔は骨格・筋肉・靭帯・脂肪・筋膜など様々な組織から成り立っています。また、顔は心理学的にも重要な部分。顔の老化の原因を解剖生理学的な働きや顔学的な分野からも正しく知り解決しなければ、患者様を若々しい顔に近づけることはできません。
授業では美顔はりの方法のみならず、顔の見た目の老化の解剖機能学・顔学からみた原因、診察の方法や病態把握、患者様への対応方法等を教えます。自分で納得して自信を持って治療できるようになれる内容です。

≪授業内容≫
■しわ・たるみとは何か‐解剖生理学的・顔学的な顔老化の原因‐
■顔の診察方法‐顔の触診、筋力・代償運動の検査‐
■患者への同意説明‐治療目的・内容・予後・セルフトレーニングの説明‐
■美顔はり治療‐刺鍼・筋膜マッサージ・PNFトレーニング‐

◇講師 土門 奏(どもん かなで)先生◇
国際鍼灸専門学校卒業後、筑波大学理療科教員養成施設にて盲学校教諭1種免許(理療)を取得。現職は土門治療院 院長。主な著書は『美顔鍼-美顔率と解剖機能からのアプローチ-(医道の日本社)』など。